泣いてから、携帯電話を取り出し……昭恵夫人の“淋しさ”と「自分探し」が行き着いた先

哭过之后,拿出手机。昭惠夫人的“寂寞”和“寻找自己”所到达的地方(源文标题如此)


 辞意を表明した安倍首相が最も長く在任した総理大臣なら、その妻は最も世を騒がせた首相夫人であった。

如果说表明辞意的安倍是在任时间最长的总理大臣,那么他的妻子就是最轰动社会的首相夫人了。


 対して妻の安倍昭恵はどうか。「不安と恐怖が、ウィルスに対する愛と感謝に変わった途端、ウィルスは、目の前で、ブラックホールから、突然、喜んで、消え去ります」と説く“ドクタードルフィン“に傾倒。「神ドクター降臨 in Oita」なるツアーに参加し、大分県の宇佐神宮にお参りにいって、騒ぎを起こす。

与此相对,妻子安倍昭惠如何呢?她说:“当如果把不安和恐惧转变成对病毒的爱和感谢,那病毒就会突然令人惊喜地从眼前消失。”为“海豚医生(译注:网红医生)”所倾倒。参加了“神医降临大分”的旅行,去了大分县的宇佐神宫参拜,引发骚动。

 かつてレーガン大統領の「ファーストレディ」ナンシー夫人が占星術師に入れ込んだことから、占星術が政策やスケジュールに影響を及ぼすようになり、問題となったことがある。

过去,里根总统的“第一夫人”南希夫人加入占星术师后,占星术就对政策和日程产生了影响,成为了问题。

 それをおもえば、ドクタードルフィンの主張が官邸のコロナ対策に影響することはなく布マスクで済んだのだから、安倍昭恵が「公人」ではなく、ただの「私人」で、ほんとうによかった。

考虑到这一点,海豚医生的主张并没有对官邸的新冠对策产生影响,只是用布口罩解决,所以安倍昭恵并不是以“公职人员”加入的,而是以“私人身份”,真是太好了。

昭恵氏の信条「『対話』をすればわかり合える」
 そんな安倍昭恵、「どんな人でも『対話』をすればわかり合える」を信条にしている。沖縄で政府が進めるヘリパッド建設現場にも出向いて、反対派と対話を試みたこともある。「対立、分離した世の中を『愛と調和』の世界にしていく」との思いからで、タカ派・保守派と目される夫と対立するひとたちのあいだに入っていこうというのだ。

昭惠的信条“进行‘对话’就能互相了解”
这样的安倍昭恵,把“无论怎样的人只要进行‘对话’就能相互理解”作为信条。她还前往政府在冲绳推进的直升机停机坪建设现场 ,试图与反对派进行对话。出于“把对立、分离的世界变成‘爱与和谐’的世界”的想法,她想进入被视为鹰派、保守派的与丈夫对立的人们之间。

 あるいは「脱原発」を訴えもしたし、LGBTの権利向上を訴えるパレードにも参加した。ときには大麻畑で微笑んで、日本古来の大麻文化を宣伝し、その流れで高樹沙耶と親交を深めもした。

有呼吁过“脱核电”,还参加了呼吁提高LGBT权利的游行。有时还在大麻田里微笑,宣传日本自古以来的大麻文化,还借此机会与高树沙耶(译注:主推大麻合法化的政治人物)加深了友谊。

 これらを見ると、政治が目を向けないところに目を向けさせようと自らが行動しているようにも思える。しかしそれではドクタードルフィンと旅行にいったり、手越祐也と宴会したりすることには、つながっていかない。

从这些情况看,似乎是为了让人们把目光转向政治所不关注的地方而自己采取的行动。但是那样的话,和海豚医生去旅行,和手越祐也(译注:男艺人)一起开宴会的事,就无法联系在一起了。

 では安倍昭恵の行動原理は一体なんなのか。よく言われるのは「自分探し」だ。

那么安倍昭惠的行动原理到底是什么呢?就是人们常说的是“寻找自己”。

レールを歩む人生が、夫が首相を辞めて一転

步入轨道的人生,随着丈夫辞去首相而改变


 それが一転するのは、夫が最初に首相になってそれを辞めてからだ。首相夫人になって有名人になったことで、かえって何者でもない自分に気づいたのか、立教大学の大学院に通い、神社をめぐり、居酒屋の経営を始める。

这一转变是从丈夫最初成为首相后又辞职开始的。当上了首相夫人,成为了名人,反而发现自己什么都不是,开始上立教大学的研究生院,周游神社、经营居酒屋。


 何かをきちんと学ぶのは苦手のようだ。だから学術とは違う土俵にある、理解しやすい疑似科学に傾倒するのだろう。

好像是不擅长学习。所以才会倾向于与学术不同的领域,也就是容易理解的伪科学吧。

 そうしてFacebookなどでオカルトめいた言葉を発信するようになる。森友事件の際、渦中の籠池泰典の妻に「神様はどこに導こうとしているのか。とにかく祈っています」とメールしたのが知られるが、神道にとどまらず、安倍昭恵の興味は「波動」や「EM菌」、「オーラ測定」などにまで及んでいった。

就这样才在脸书等发出带有神秘学的言论。森友事件时,众所周知对处于旋涡之中的笼池泰典的妻子发了邮件说“神要引导到哪里?总之就祈祷吧”,不仅是神道,安倍昭惠的兴趣还涉及“波动”、“EM菌”和“气场测定”等。

 ちなみに斎藤貴男『カルト資本主義』(文藝春秋・1997年)の「オカルトビジネスのドン『船井幸雄』」の章に、安倍昭恵の実父・松崎昭雄の名が出てくる。多くの企業が研修などでおこなう「超越瞑想(TM)」について、これをNECが取り入れたのは、同社の会長と「仲のよい森永製菓の松崎昭雄社長がTMを薦め」たからだとある。スピリチュアルの嗜好は親譲りなのかもしれない。

顺便一提,斋藤贵男《邪教资本主义》(文艺春秋·1997年)的“神秘学生意的‘船井幸雄’”这章节中,出现了安倍昭惠的亲生父亲松崎昭雄的名字。对于很多企业以研修等方式进行的“超觉静坐(TM)”,日本电气之所以引入这一制度,是因为该公司的会长和“关系好的森永制果的松崎昭雄社长推荐了超觉静坐”。精神上的嗜好也许是父母遗传的。

泣きながら携帯電話を取り出し……安倍昭恵が抱える“淋しさ”
 安倍昭恵が頼るのは、スピリチュアルの見えないチカラだけではない。安倍首相の威光というチカラ、つまりは政治権力にも頼った。

边哭边拿出手机……安倍昭惠的“寂寞”
安倍昭惠所依赖的不仅仅是看不见的精神上的力量。还依赖着安倍首相的威望这一力量,也就是政治权力。

 たとえば2016年の参院選に出馬し「脱原発」などを訴えた三宅洋平に、安倍昭恵はFacebookで「公邸でお待ちしてます!」と呼びかける。「公邸」に招くとは公人の振る舞いに思えるが、まだ私人か公人かの問題が起きる前であったので、当時は「上から目線」などとの批判がおきる。そうしたことから、ふたりは池袋の居酒屋で会うのだった。そこで安倍昭恵は随分と酔い、おまけに泣いたという。

比如2016年参加参议院选举,呼吁“脱核电”的三宅洋平,安倍昭惠在脸书上写道“在公馆等着你!”。虽说邀请到“公邸”是公职人员的行为,但因为是以个人还是公职人员的问题还没有发生之前,所以当时有人批评说她是“居高临下”。因此,两人在池袋的居酒屋碰面。据说安倍昭惠在那里喝得酩酊大醉,还流下了眼泪。

 そのとき、安倍昭恵は突然、夫に電話をし、携帯電話を三宅洋平にわたして、安倍首相と会話させる。

这时,安倍昭惠突然给丈夫打电话,并把手机交给三宅洋平,让他和安倍首相对话。


 この「夫の威光」こそが安倍政権最大の問題を引き起こし、また自殺者を出すという悲劇を生む。森友事件だ。

正是这种“丈夫的威望”引发了安倍政权最大的问题,还产生了自杀者的悲剧——森友事件。

 森友学園の籠池泰典は、もともと「安倍晋三記念小学校」と名付けようとして進められた小学校建設の用地取得に手こずっていた。その最中の2014年4月、くだんの国有地を安倍昭恵は訪れて、籠池夫妻と3人で写真を撮る。このとき、シャッターを押したのは、同行していた「夫人付き職員」谷査恵子であった。

森友学园的笼池泰典,在原本打算命名为“安倍晋三纪念小学”而进行的小学建设用地取得上遇到了困难。正在建设中的2014年4月,安倍昭惠访问了那片国有土地,与笼池夫妇三人合影。此时,按下快门的是同行的“夫人特别助理”谷查惠子。


「喜んでもらおうとしただけ」本当にそうなのか?
「スリーショット写真の提示以降、何もかもがスムーズに進むようになった。あまりにも近畿財務局の態度が変わったので、本当に驚いたものだ」。この写真を近畿財務局の職員に見せるとそれまで難航していた用地買収が一転したと、籠池泰典は著書『国策不捜査』(赤澤竜也共著・文藝春秋・2020年)に記している。

“只是想让人高兴一下的”真的是这样吗?
“在出示三人镜头的照片后,一切都变得很顺利起来了。近畿财务局的态度发生了很大的变化,真是令人惊讶。”笼池泰典在其著作《国策不搜查》(赤泽龙也合著,文艺春秋,2020年)中写道,把这张照片给近畿财务局的职员看了后,之前陷入困境的用地收购一转困境。

 一枚の写真が、官僚を動かし、不正を働かせ、その結果ひと一人が自殺することになる。記念写真を撮って喜んでもらおうとしたことが、知らないところで災いをもたらしたようにも見えるが果たしてそうか。権力に対する自制心のなさは安倍内閣だけではない。安倍昭恵もそうであった。

一张照片,让官僚动起来了,让腐败动起来了,结果造成了一个人自杀。想拍纪念照让对方高兴,在不知情的地方惹了祸,果真如此吗?对权力缺乏自制力的不仅仅是安倍内阁。安倍昭惠也是如此。

「どんな人でも『対話』をすればわかり合える」という安倍昭恵だが、自殺した職員の妻とは会うことを避けたままだ。

虽然安倍昭惠说:“无论怎样的人只要进行‘对话’就能相互理解。”但她仍然回避与自杀职员的妻子见面。